Kojiと金魚のいろいろ日記

たのしい金魚&野菜作りライフ

ブログ内検索
今後の農業についてご意見お待ちしております。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
今日も僕の記事をお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。応援よろしくお願いします。 皆様の1クリックは、僕の勉強&ブログ更新の励みになります。
コメントもお気軽にいただけると嬉しいです。また、上部メニューにある「今後の農業のあり方について」をクリックして頂き、今後の農業のあり方についてご意見いただけると僕の進路選択の上で大変ありがたく思います。ご協力お願いします。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クローン牛

大学の実習で、野辺山にいます。
今日は、畜産草地研究所の先生による体細胞クローン牛に関する講義と、実際に体細胞クローン牛の試食がありました。

まず、クローン牛には、二種類あります。受精卵クローンと、体細胞クローンです。

受精卵クローンは、分裂した受精卵を一つずつに分けることで、クローンを作る技術です。(人工的に双子をつくるみたいな感じでしょうか?)
一方、体細胞クローンは未受精卵から核を含む細胞質の一部を取り除いて、クローンのもとになる個体(ドナー)の体細胞(ドナー細胞)を細胞ごとこの未受精卵に挿入し培養します。どちらも、出来た卵は、雌牛の子宮に移植され、通常の牛の子と同じように生まれます。

以前からクローン牛については、動物系の講義も取っていて関心がありましたが、実際に食べるのははじめてでした。

感想は、まず、ふつうにおいしい牛肉です。
ただし、クローン牛と知りながら食べているので少し不思議な気分でした。知りながら食べると少しは抵抗がありますね。

まだ、クローン技術には、コスト面、精度、安全性など、多数の問題がありますが、安くおいしい牛が食べられるようになるのなら個人的にはあまり気になりませんが、皆さんはどうでしょうか?

気になる人も、気にならない人もおり、重要なのは、適切に表示して、消費者が選ぶことができることだと思います。これは、GM作物でも同じだと僕は思います。
関連記事
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
今日も僕の記事をお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。応援よろしくお願いします。 皆様の1クリックは、僕の勉強&ブログ更新の励みになります。
コメントもお気軽にいただけると嬉しいです。また、上部メニューにある「今後の農業のあり方について」をクリックして頂き、今後の農業のあり方についてご意見いただけると僕の進路選択の上で大変ありがたく思います。ご協力お願いします。

| その他 | 21:37 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

名前を聞くと抵抗感がありますが、
手法にはそれほど抵抗感は無いですね。
あまり詳しくは無いですが、
農作物の改良はかなり科学的な手法が取り入れられているから、
畜産物もそれくらいしても良いのではと。
でも、BSEみたいに新しい病気が
クローンの種母で見つかったりするリスクはあるかもしれませんね。

| ねぎ夫 | 2015/08/10 22:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kingyononeiro.blog67.fc2.com/tb.php/447-d4fd592b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。