Kojiと金魚のいろいろ日記

たのしい金魚&野菜作りライフ

ブログ内検索
今後の農業についてご意見お待ちしております。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
今日も僕の記事をお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。応援よろしくお願いします。 皆様の1クリックは、僕の勉強&ブログ更新の励みになります。
コメントもお気軽にいただけると嬉しいです。また、上部メニューにある「今後の農業のあり方について」をクリックして頂き、今後の農業のあり方についてご意見いただけると僕の進路選択の上で大変ありがたく思います。ご協力お願いします。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サラワクにおける熱帯雨林とのかかわり1

お久しぶりです。キャンパスも松本から「村」(南箕輪村)に移動し、新たな生活も3か月ほどすぎました。一年近く放置していて、この間いろいろありましたが、とりあえず、今年の3月に大学のゼミでマレーシアのボルネオ島(サラワク州)を見てきた様子を何回かに分けてあげていきたいと思います。

さて、このゼミの目的は、ボルネオ島における、熱帯雨林と現地の人のかかわりを調査することです。今、ボルネオ島の熱帯雨林では、木材輸出やオイルパームプランテーションなどのために、面積の減少が進んでいます。パームオイルやボルネオの木材には、日本人である私たちも大きくかかわっています。パームオイルは、身近な食品に広く使われていて、植物油などと表記のあるものは、実はパームオイルだったりします。また、ホームセンターなどで、木材コーナーではサラワク産の木材を見つけることができると思います。私は、こうした現状の中で、現地の人々が熱帯雨林とどのように関わりながら生活しているのかを知り、自分の生活のあり方を見直すきっかけとなりました。皆さんにも少しでも関心を持ってもらいたいと思い、記事にしていきたいと思います。では、今回はこの辺で。

DSC_8377

<積まれていたオイルパーム>

DSC01336

<河川で運搬される木材>

関連記事
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
今日も僕の記事をお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。応援よろしくお願いします。 皆様の1クリックは、僕の勉強&ブログ更新の励みになります。
コメントもお気軽にいただけると嬉しいです。また、上部メニューにある「今後の農業のあり方について」をクリックして頂き、今後の農業のあり方についてご意見いただけると僕の進路選択の上で大変ありがたく思います。ご協力お願いします。

| その他 | 01:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kingyononeiro.blog67.fc2.com/tb.php/434-c8ec82ca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。