Kojiと金魚のいろいろ日記

たのしい金魚&野菜作りライフ

ブログ内検索
今後の農業についてご意見お待ちしております。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
今日も僕の記事をお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。応援よろしくお願いします。 皆様の1クリックは、僕の勉強&ブログ更新の励みになります。
コメントもお気軽にいただけると嬉しいです。また、上部メニューにある「今後の農業のあり方について」をクリックして頂き、今後の農業のあり方についてご意見いただけると僕の進路選択の上で大変ありがたく思います。ご協力お願いします。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岐阜はやっぱり鵜飼やね。

Are You Happy?

アーユーハッピー。。。

意味は記事を読んでいただければお察しいただけると思います。

今日は我が地元岐阜名物「長良川鵜飼」について書きたいと思うんやけどさ。

弟が、小学校の行事の鵜飼見学で写真撮ってきてくれたもんで、ちょっと紹介させてもらいます。それにしても、僕も鵜飼見たんやけど、カメラは禁止やったんや。時代は変わるもんやな。

では、軽く長良川鵜飼について説明させてもらうわ。

なんと1300年以上も前から、行われていて、鵜匠さんは、宮内庁式部職鵜匠とよばれ、世襲で受け継がれる、大変伝統的な漁法なんや。


僕は以前、岐阜市の「子ども議会」という行事の視察で、鵜匠のおうちを見せてもらったんやけどさ、とっても歴史をかんじたよ。

じゃあ、僕の小学校の時の記憶と、弟の写真を合わせてちょっと紹介させてもらいます。

IMG_0530[1]

暗くて見えにくいけど、こうやってかがり火と呼ばれるあかりに、アユがよってくるんや。

IMG_0537[1]

アユなどの魚は、首をくくられた鵜が呑み込むんやけど、小さい魚は、食べられるけど、大きい魚は呑み込めない。それを利用して、魚をとっとるんやね。

鵜匠さんは、10本ほどの縄を操って鵜を飼いならしているんだ。

長年の経験がないと、絡まってしまいそうやわ。

岐阜では鵜飼の、始まりと終わりの日の給食に、アユ料理が出るんやけど、甘露煮が骨まで軟らかくて、すきやったな~。懐かしいです。

しかしながら、岐阜人である僕は、小学校の時の一回のみ。

親に限っては、一度も観覧船に乗ったことがないらしい。だから、こうやって小学校で岐阜市の事業の一環としてやっとるんやけど。こういうのって、多いよね。

たとえば、岐阜人である僕は、飛騨牛よく食べとるわけじゃないし。

地元の人が、そこの名物をよく味わっているかといえばそうじゃないんだよね。一番大きい原因がお値段だと思うんやけど、伝統ある行事を残すためには、少々高くても仕方ないとは思います。もし、機会があればぜひ、岐阜へお越しになってみてください。

ちなみに岐阜人として、よく食べとるのは、富有柿と岐阜枝豆と、ホウレンソウや。この3つは料理に困るほど、いただけていつもおいしくいただいとるよ。

最後に、今日の記事はいつもの会話の岐阜弁交じりで分かりにくかったと思いますが、ちょっとここでいくつか岐阜弁紹介しておきます。

1、学校で使う大きい模造紙のことを、この辺では「B紙」っていうんです。「えっ。B紙ってB5もB4もB紙になるじゃん」って思った方もいると思いますが、だいたいB紙といえば模造紙を指します。

2、疲れたことを、「今日、えらいんやって」って言います。これは、このブログでも使っちゃったことあるかもしれませんね。

3、「鍵かって」、とか「机つって」ってこの辺では言います。前者は、鍵をかける、後者は机を運ぶっていう意味で使っています。

代表的なものをあげましたが、皆さんの地域の名物等ありましたら、教えていただけると嬉しいです。

余談:アユは英語でsweetfish。アユのおいしさを上手く表していますね。

関連記事
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
今日も僕の記事をお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。応援よろしくお願いします。 皆様の1クリックは、僕の勉強&ブログ更新の励みになります。
コメントもお気軽にいただけると嬉しいです。また、上部メニューにある「今後の農業のあり方について」をクリックして頂き、今後の農業のあり方についてご意見いただけると僕の進路選択の上で大変ありがたく思います。ご協力お願いします。

| その他 | 09:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

鵜飼ナチ~(懐かしい)。
一回だけ行ったね!最初は黄色帽子かぶって行くって話だってのに、
行く時になったら、はずして行った記憶が…。
鮎の甘露煮は未だに苦手…。頭って食べるの?って毎回思うし、
骨やわらかいで食べれるけど、喉に刺さる不安があって、
基本的には取り除いて食べるよ~。
そろそろ小学校の枝豆発売日だね!
いつか分かったら教えてもらえると幸いです。
ケータイに送っておいて。

| さき | 2011/06/20 13:25 | URL | ≫ EDIT

お隣なだけあって、名古屋も同じような意味で方言は使いますね。
そっかそっか~。
飛騨牛は値段がねぇ…。
名古屋名物は高価な物って無いかもね。
エビフライ・ミソカツ・味噌煮込み・天むす・きしめんなど。
よく食べます。

| tg戸笠 | 2011/06/20 19:27 | URL |

Re: タイトルなし

>さき 様
コメントありがとうございます。
アユおいしいのにな~。よく煮たのは骨まで軟らかかったりしますね。

枝豆の件了解です。

| Koji | 2011/06/21 19:37 | URL |

Re: タイトルなし

>tg戸笠 様
コメントありがとうございます。
高価なものというと名古屋コーチンとかしか思いつかないです。すみません。
名古屋名物はこちらでもよくいただいております。

| Koji | 2011/06/21 19:38 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kingyononeiro.blog67.fc2.com/tb.php/306-fc4386af

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。